読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のデスクトップ環境及び開発ツール群

2016/07/16現在

他にもインストールしているものは当然色々あるけど、代表的なものだけ抜粋

key value
OS Arch Linux
ログインマネージャ LightDM
ウィンドウマネージャ Openbox
タスクバー tint2
アプリケーションランチャー dmenu
ブラウザ chromium
ターミナルエミュレータ urxvt
エディタ vim
シェル zsh
ターミナルマルチプレクサ tmux
IM/IME Fcitx/Mozc
Node.jsのバージョン管理 nodebrew
プロジェクトの環境変数管理 direnv

デスクトップ環境の構築ではとにかく無駄のないミニマムな構成にしている。 Openboxは将来的にはXmonadに置き換えたいとか思っている(設定ファイルがHaskellで敷居が高い)。

設定ファイルのGitHubリポジトリはソフトウェアごとにsuzuki-shunsuke/*.conf にある。 1つのリポジトリ.dotfilesにまとめるほうが楽なのかもしれないけど、 各ソフトウェアの設定って基本独立したものだし、1つのリポジトリで管理するものじゃない気がしている。

最後に - Arch Linuxの勧め

Arch Linuxpacman, yaourtを使えば最新のソフトウェアがパッケージマネージャでインストールできて良い。 Ubuntuのときは最新のインストールするためにソースコードからビルドしてたのが、コマンド一発でインストールできる (パッケージマネージャからインストールすれば当然管理も楽)。

また、最初には無駄なものがほぼインストールされていない(Xすらない)ので、本当に自分好みのミニマムな環境が作れる。

あと、Wikiがかなり充実している。良い